お料理上手をめざすブログ in Singapore

料理ができないわけじゃない。でも決して上手いわけでもない。ある新妻が料理上手を目指すブログ。

桃のコンポート

今日も孤独にお料理修業中!ゆずきです。


シンガポールは物価が高いと言われますが、
住んでみると、そこまででもないなーと思っていました。
もちろん東京と同じでオーガニックの野菜は高いけど、
一番庶民派のFairPriceというスーパーに行けば、そんなに違わない。
ただ、日本みたいに一人暮らし用の小分けのものはないので、
その分高く感じるのかなーと思っていたんです。

 

でも、今日その意味がよく分かりました。笑


きっかけは、白桃。
シンガポールにはさすがにないかなーと思っていたので、
スーパーで手が届く値段の桃を見つけたときは、テンション上がりまくり、
とはいえ、衝動買いは苦手なタイプなので、
心を落ち着けてからなぜか翌日に改めて買出しに行くことに(気合入ってる笑)

 

しかも、うっかり剥いてしまってまだ堅かった!!なんてことの無いように、

2日常温で追熟させよう!という、気の利いたことまでしちゃってね。


今日やっと柔らかくなった桃を冷やし、
さわやかなほんのり甘い香りを楽しみながら、
つるつるを剥きました。

 

お皿に盛り付けられた、みるからにジューシーな桃を
わくわくドキドキで、かぷり!!!


????!!!


え...味が全くない...


あの、コーヒーだと思って麦茶飲んじゃった時のいやーな感じにゾクゾクっとして、

裏切られたような気持で、悲しくて切なかった...


やっとわかりましたよ。
日本と同じ値段で、必ずしも同じ質のものは買えないってことですね。
時々飛び切り甘い葡萄とかスイカとかはあるんだけどね。質が安定しないってのは、やっぱりよくないよね。

そんで間違いなくおいしいのを求めるなら、高いスーパー行けってことなんだろうね

とほほ。

 

 

コンポートづくり


そんなこんなで、がっかりしてしまった私の目の前には、まだ桃が二つ。


美味しく食べるにはどうすればいいんだろう?

あ、コンポートにしてしまえばいいんじゃないか!と思い立ち、早速作ってみました。

 

手順は簡単、
皮を剥いた桃を

水浸るくらいの水+お砂糖+少しのレモン果汁で煮る

(色を付けるために、皮も一緒に)

10分ほどしたら、火からおろして、常温に冷ます。
(ここで味が染みるので、気長にね)

冷蔵庫で冷やして出来上がり♪

 

 

お味は...


うーん、不味くはない といったところ

元々味がない桃(しかも触感も微妙)なので、
残念ながら、おいしいコンポートにまでは行かず。。。

 

f:id:yuzukie:20170807145011j:image

 

でもバニラアイスクリームと食べたら、
思ったよりも、おいしく食べられました!

 

食べ物をよりおいしくするのが
料理本来の腕の見せ所ですからね!
とちょっと苦しい〆ですが、
そんな感じで本日はご勘弁を。