お料理上手をめざすブログ in Singapore

料理ができないわけじゃない。でも決して上手いわけでもない。ある新妻が料理上手を目指すブログ。

*基本の料理*親子丼

最近もっぱら日本食続きのゆずきです。

 

お昼ご飯がどうしてもシンガポールの屋台、ホーカーズでの食事になってしまうから、夜だけでもせめて胃を落ち着かせたいのです。

 

ちなみに私は営業職なので、

周りにお弁当持参派はほとんど居ないですが(外出先で食べなきゃいけないとかザラにある)、

世の中のトレンド的には、どうなのかしら?

 

一人暮らし女子が持参するイメージは湧きますけど、

男性の愛妻弁当というと、やっぱりひと昔前みたいな響きに聞こえる気がするのは、

気のせい??

 

共働きが増えると、毎日お弁当なんて作っていられない(私だったら😅)

 

 

親子丼を作ってみた

材料(1人前)

鶏肉  100gくらい 一口大に切る

玉ねぎ 1/4玉 くし切り

卵 2玉 溶いておく

白いごはん お茶碗1杯

<つゆ>

お水+顆粒だし 1カップ

醤油 大さじ3

みりん 大さじ3

 

作り方

<下ごしらえ>

・玉ねぎを櫛切りにする

・鶏肉を一口サイズに切る

・つゆを合わせて、味見する

・卵を溶いておく

<調理>

・つゆで玉ねぎを少し茹でる

・鶏肉を投入

☆ここでちょっとつゆを味見して整える

 ↓

・お肉に火が通ったら、解いた卵を半分ずつ回しいれる

(半分は半熟にするため)

・程よい火が通ったら出来上がり!!

f:id:yuzukie:20170719201425j:image

盛り付け

本当は丼に盛り付けて三つ葉を添えたいところですが、

手元にないので、IKEAの大皿にせめてもの七味でごまかし。。。

単色になりやすい和食に、緑は必要ですね。

 

反省

親子鍋がなくて、小さめの普通の鍋で作ったので、

回しいれた卵になかなか火が通らず、

フライパンで作ればよかったと今更後悔。。

 

簡単な割に、とってもおいしくできました。

調味料の配分は覚えにくいですが、醤油・みりんが1:1と覚えて、

濃さは味見をしながら調節が一番かな。

 

まとめ

親子鍋がないときは、せめてフライパンで作る

半熟にし上げるには、卵を2回に分けていれると楽

盛り付けはやっぱり丼。緑の飾り(三つ葉かサヤエンドウなど)があるとますます良い