お料理上手をめざすブログ in Singapore

料理ができないわけじゃない。でも決して上手いわけでもない。ある新妻が料理上手を目指すブログ。

*海外グルメ*ブンチャー

ハノイに行ってきました!ゆずきです。
 
旅の途中で、朝食を食べながら書いていたアップロード寸前の記事が、
Wifi不安定なお陰で消えてしまうという不幸に見舞われ、気力をなくして滞在中のアップロードは断念...
 
シンガポールから一歩出るとやっぱりネットワークは不安定なのは日常茶飯事だし、
なにより、いろいろな作りが脆い…!!
(いや、これはシンガポールも一緒かな笑)
 
ハノイステイの最初の夜は深夜2時に
隣の壁からカチャカチャ音がしたと思ったら、急に私の部屋の明かりが、バッ!!!と付いて、一気に目が覚めたりで、散々なこともあったりね
 
とほほ…
 

 

さてさて、本題のブンチャーです!


早速ですが、ブンチャーって聞いたこと、ありますか??

 

日本ではフォーばかりが目立つベトナム養鯉ですが、
実は地元ハノイっ子には、こちらがメジャー、王道のご飯だということなのです!
そういういかにも現地情報なごはんはそそられる☺️


ハノイにはオバマ大統領が訪れたブンチャーのお店もあるようなのですが、
今回は、グルメで有名な会社のドライバーさんに連れられてお勧め店に言ってきました。
 
f:id:yuzukie:20170731194239j:image
 
春雨のような麺を左のお肉と鶏つくねなどがはいったスープに浸して食べるこの料理。
ハノイ版漬け麺です!

 

スープは、スイートチリの甘さ3にお酢1が入ったような絶妙な感じ。

薬味は、パクチーはもちろん、大葉のようなものと、時々ドクダミなんかが入っていることもあるらしい。お腹の虫下しにもなるそうで。

 

そして何より感動したのが、スープに入って居るつくねの味...!!
日本の焼き鳥屋さんで食べる、テリヤキ風味のあの味ですよ...!!!

美味しい♡♡♡

 

味覚が近いとわかると、異国でも一気に親近感感じてしまいますねー☺️

 

ハノイに来る方は、フォーだけじゃなくて、ブンチャーもぜひ味わってみてくださいね♪

 

 

ここからは蛇足ですが..今ハワイでドラゴンフルーツが流行っているそう。


東南アジアにいるとあったり前に食べられていて、見た目のインパクトとは裏腹に、ほとんど味のないなのフルーツ。


しばらくしたら、日本にもブームが来るかもですが、食の流行りってわからないものですね...

 

↓ちょうどホテルの朝食にあったドラゴンフルーツをパシャり。

皮むいてしまうと南国感もグッと減って、なんのフルーツかよく分からんですね笑

f:id:yuzukie:20170731194417j:image

*食器探し*インドネシアで食器探し

シンガポールという国は、

本当に小さく、東京23区ほどの大きさ🇸🇬

 

でもその分、周辺国へのアクセスはとっても便利で、マレーシア、ベトナムインドネシア、フィリピンなど、2-3時間で食べてしまいます✈︎

 

最近は出張で頻繁に海外へ行かせてもらえるようにもなり、今回はインドネシアへ1泊2日で行ってまいりました🇮🇩

 

行くことが決まってから調べたのですが、インドネシアはWEDGEWOODやRoyal Doulton、ナルミなどブランド食器工場がたくさんあるようで、そのB級品がアウトレット価格で売っているお店があるのです🍽

 

食器好きにはたまらないー♡♡♡

 

一番有名店はBOTTY HOUSEというところのよう。

せっかくなので、一番大きい店舗があると言う、ジャカルタの隣町ブカシ店へ行って来ました。

 

参考はこのサイト↓

http://tripping.jp/asean/indonesia/jakarta/53501?sp=more

 

※他にも「ジャカルタ 食器」とするといくつかブログがヒットします。

 

私の一番のおめあては、

RorstrandのSWEDISH GRACEシリーズの小さなボウル。

 

日本人には人気シリーズで、入荷と共に売り切れるという情報もありつつ、

ドキドキしながら、ダメ元でお店の人に聞いてみました。

 

初めは英語が通じなかったのか、残念そうな顔をされ、(無いのかーっ。ま、しょうがないよなぁ)と思ったのですが、

奥から別の店員さんが出て来て、「大きいやつだけど、あるよっ」といわれ、

一気にテンションあがる!!

 

残念ながら色も白一択だったのですが、

ラーメン用ボウルも探していたところだったので、即お買い上げしました✨

 

※ホテルに戻り、せっせとホコリを洗い落とした状態の物です!(ベッド上の写真ですみません)

売ってるときはもっと掘り出しモノ感がでてます!笑

 

f:id:yuzukie:20170725132541j:image

f:id:yuzukie:20170725133334j:image

  

改めて見ると、ラーメンというより、フォーとかアジア麺にぴったりそう♪

 

実家で使って気に入っていたNIKKOのお皿と同じ柄のシチュー皿。

f:id:yuzukie:20170725132307j:image

 

色味の濃いお料理がサマになりそうなので、ビーフシチューか、ハッシュドビーフに使おうと思います。

 

そして、かわいいRoyal Doultonのケーキ皿

f:id:yuzukie:20170725132439j:image

 

かなり小さめなので、小ぶりのケーキとかクッキー用に。

 

なんと、なんと、どれも200-250円ほどの価格で大満足♡

 

アウトレットの店なので、お店もお皿もホコリまみれで売って居るのですが、

予想以上に丁寧に梱包してくださいましたよ!

f:id:yuzukie:20170725132811j:image

 

梱包材も持って来てたのですが(すごい張り切ってる笑)不要な心配でした。

 

初めて絵付けの食器を買ったので、どんな風に使えるかドキドキしています♪

その前にお皿に見合う中身も作れるようにならないとね💦

 

さて、今日はこれからトンボ帰りならぬ、トンボ出発でベトナムハノイへ行って来ます✈︎✈︎✈︎

 

また何かレポートできるかな?

それではー!

 

*基本の料理*親子丼

最近もっぱら日本食続きのゆずきです。

 

お昼ご飯がどうしてもシンガポールの屋台、ホーカーズでの食事になってしまうから、夜だけでもせめて胃を落ち着かせたいのです。

 

ちなみに私は営業職なので、

周りにお弁当持参派はほとんど居ないですが(外出先で食べなきゃいけないとかザラにある)、

世の中のトレンド的には、どうなのかしら?

 

一人暮らし女子が持参するイメージは湧きますけど、

男性の愛妻弁当というと、やっぱりひと昔前みたいな響きに聞こえる気がするのは、

気のせい??

 

共働きが増えると、毎日お弁当なんて作っていられない(私だったら😅)

 

 

親子丼を作ってみた

材料(1人前)

鶏肉  100gくらい 一口大に切る

玉ねぎ 1/4玉 くし切り

卵 2玉 溶いておく

白いごはん お茶碗1杯

<つゆ>

お水+顆粒だし 1カップ

醤油 大さじ3

みりん 大さじ3

 

作り方

<下ごしらえ>

・玉ねぎを櫛切りにする

・鶏肉を一口サイズに切る

・つゆを合わせて、味見する

・卵を溶いておく

<調理>

・つゆで玉ねぎを少し茹でる

・鶏肉を投入

☆ここでちょっとつゆを味見して整える

 ↓

・お肉に火が通ったら、解いた卵を半分ずつ回しいれる

(半分は半熟にするため)

・程よい火が通ったら出来上がり!!

f:id:yuzukie:20170719201425j:image

盛り付け

本当は丼に盛り付けて三つ葉を添えたいところですが、

手元にないので、IKEAの大皿にせめてもの七味でごまかし。。。

単色になりやすい和食に、緑は必要ですね。

 

反省

親子鍋がなくて、小さめの普通の鍋で作ったので、

回しいれた卵になかなか火が通らず、

フライパンで作ればよかったと今更後悔。。

 

簡単な割に、とってもおいしくできました。

調味料の配分は覚えにくいですが、醤油・みりんが1:1と覚えて、

濃さは味見をしながら調節が一番かな。

 

まとめ

親子鍋がないときは、せめてフライパンで作る

半熟にし上げるには、卵を2回に分けていれると楽

盛り付けはやっぱり丼。緑の飾り(三つ葉かサヤエンドウなど)があるとますます良い

 

 

私なりの上達の方法

物事を上達させよう、自分のものにしようとするとき、
まずは、基本の型を学ぶこと、は私にとっても合っているようです。
 
そう思い始めたのは、特に仕事を通してのこと。
 
私の仕事はシステム関連なので、
今までの知識の蓄積のない文系の私には、
本当に難しい世界…
 
実態の知れない世界の話は
概念的な範囲の話しにもなったりするので、
何度も何度も挫けそうになって、今日まできています。
 
でもそんな文系の私も、ささやかにも、
自分なりコツをつかめるようになってきました。
 
それは、
教えてもらったこと、学習した知識を
応用できる状態に持っていく初段階として、
まずは形からという如く、
丸暗記をしてみることです。
 
まずは形を整えて、何回か人に説明していくうちに、
あれ、ここは何でこうなんだっけ?という疑問が沸いてきたり、
自分なりに追加の知識を加えてみたりして、
知識を詳細にしていくこと×知識を応用させること
がちょっとずつできるようになり、
気がつけばオリジナルの自分の腹落ちしている、
理解できていることができるようになってきます。
 
 一人暮らしできちんと料理をしてみて、
この感覚を料理に活かしたらどうだろう?
と思い始めました。
 
今までは、
料理ごとに場当たりのレシピを検索して、
見よう見まねで作ってみて、
上手くいった、いかないと一喜一憂して…
 
確かに経験値は増えるのですが、
頭の中が断片的な知識でいっぱいになってしまって、
それぞれの知識が上手く結びついていきません。
 
だからこれからは、すぐ作れると便利な物、よく食べたくなるものを中心に
自分の中のスタンダードレシピを持てるようになろうかな。
 

とはいえ、料理を始めるときの「あーあれ食べたい!」という気持ちは大事なので、

あまり料理のジャンルにはこだわらず、自分の好きな料理から。

 

さてこれから、何を作ろうかなー♪

電気コンロで揚げ物!2

さてさて、前回の揚げ物挑戦が

踏んだり蹴ったりだったので、

夫の帰国後、改めてやり直しの会を実施。

 

前回つまづいた点はこの3点

・唐揚げの大きさが小さかった

・揚げ油の温度が高かった

・衣がいろんなところにひっつきまくった

 

 

なので、今回はこんな風に変えて作ります。

 

・鶏肉は、一口大ではなく、二口大くらいに! (未だに一口大の一般的な大きさが分からないので、私の感覚で)

・衣は、小麦粉を薄ーくつけた上に、片栗粉を薄ーくつける

・唐揚げに最適な180度を見極める

  (菜箸を入れた時に、箸全体から小さめの気泡がたつ。衣を入れた時に、少し沈んでから浮き上がる。)

・菜箸を濡らしたキッチンペーパーで拭いてから使う

・唐揚げは二度揚げ:1分+40秒

 

そして、前回なぜかお味噌の味がした

・ワイン+お酢につける→醤油+みりんで下味

醤油2:酒1:みりん1+にんにく・しょうが

に変更。

これはせっかくだから違う味にしたかったから。

 

完成したのが、これ!

f:id:yuzukie:20170719093247j:image

 

見た目は前回の倍くらいおしいそう!笑

 

お味は、コンビニ唐揚げの味に近い

(私はコンビニ唐揚げ大好きなので、成功という意味)

 

衣も程よくサクサクして、でも小麦のおかげでしっとり感もあり、大成功でした◎

 

もう1つ感じたのは、

だいたいの味付けの配合を覚えておくだけでも、その料理に対するハードルはかなり低くなりそうな気がする

ということ。

 

唐揚げとか和食とか、

材料を集めるところまでは自分の頭で分かるけど、

調味料の配分をまた調べ直さないとーっと思うと、途端に面倒に...

 

それで私的には、

調べないと料理ができない⇒私は料理ができない

という気持ちが刷り込まれていく原因になっているワケです💦

 

今回は久しぶりの成功体験ができたし、

この味付けを覚えておけばまた手軽にトライしてみようという気になれるなっと思いました!

 

あぁ、旦那さんにもこっち食べさせてあげたかったなぁ...笑

電気コンロで揚げ物!

こんにちは。ゆずきです。

 

日本の味が恋しい最近....

この1ヶ月唐揚げが無性に食べたかったので、

旦那さまが遊びに来るタイミングで、

初揚げ物に挑戦してみました。

 

手持ちのレシピ本を参考に。

 

下ごしらえとして、お肉をワイン+お酢に浸け

→醤油・みりんで味付け、片栗粉で衣をつける

手順。

 

ここまでは順調ですが、

ここから揚げるところが一苦労...💦💦

 

電気コンロなので、油の温度設定ができないので、適当に温まったところに、唐揚げをin.

 

ところが、入れた瞬間あっという間にキツネ色になり、中は半ナマ状態。。

 

焦って取り出そうとすると、

菜箸に衣がくっついて、思うように掴めないし、

取り出した唐揚げくんたちもキッチンペーパーにくっつくし

もちろん菜箸と唐揚げもくっついて

プチパニックの小一時間。。。

 

いろいろ無理やり剥がしながらなんとか二度上げを済ませ、形だけは仕上がりました。。

 

はいっ!

f:id:yuzukie:20170718094224j:image

 

まぁ...見た目はなんとかなったでしょうか。

ちょっと小さめの唐揚げなのもご愛嬌として。笑

(いや、今回、小さくなかったら、なおさら中に火が通らないところだった...💨💨)

 

2人分にしては、かなり多めですが

こっちのすったもんだを知らない旦那さまは、

何も言わずペロリと食べてくれました♪

 

 (何も言わない時は、美味しいってことなんですって。🤔)

 

 

ただ1つ、旦那がポロっと言ったのが、

「味噌使った?」

 

???

 

そう言われて、私も食べてみると

 

 

た、たしかに、ほんのりお味噌の味がするー!

 

ワインの下味が、みりんの甘さと絡まると

味噌風味になるんでしょうか??

 

原因不明ですが、

味は甘口の美味しい唐揚げになりました^_^

 

 

いやーここまですったもんだも久しぶりだったもんで、

旦那さま帰国後、直ぐに唐揚げリベンジをいたしました!

 

次回に続く...

 

 

*基本の料理*卵の調理

今日も孤独にお料理修行中!ゆずきです。

 

実は卵が苦手です。 

卵かけごはんは大好きなんですけど、

ゆで卵とか、だし巻き玉子とか、目玉焼きとか

卵だけの味が苦手。。

 

これ人に言うと、大抵驚かれてしまうんだけど、

好みはしょうがない。

 

でも敢えて言えば、単体だと香りも味もしない

白身のぷるぷる、黄身のぱさぱさな感じが、苦手で。

特にゆで卵、目玉焼きは黄身がポソポソしていると全くだめ。

 

でもお料理したい人には、避けて通れない卵の調理。

 

この機会に、 挑戦しました

 

せめて私も食べられそうな形に近づけたかったので、

半熟熟ゆで卵と、半熟熟目玉焼き

 

 

超半熟ゆで卵のつくり方

材料

卵 1個 常温に戻しておく

作り方

・卵は殻と身が上手く離れるように、常温に戻しておきます

・お鍋にたっぷりの水を入れて、よく沸騰させます

・静かに卵を入れて、ときどきくるくる回しながら8分ゆでる。

・時間が経ったら、お鍋からあげ、冷たい水でひやして殻をむく

 

超半熟目玉焼きの焼き方

材料

卵 1個 

作り方

・よく熱したフライパンに卵を割り入れる

・よく様子を見ながら、黄身が半熟になったところで火からおろす。

 

 

写真は、単体での撮影を逃したので、完成品だけ

 

↓コブサラダ

あんまり卵見えないー、けど、黄身が溶け出して白身が輪っかになってるのとか分かりますかね?笑

f:id:yuzukie:20170717093052j:image

 

↓目玉焼き

※また買ってしまったLuzerneのプレートで♡

f:id:yuzukie:20170717093228j:image

 

 まとめ

 

 

 作り方って程でもないですが、卵料理は基本中の基本だとは思うので、

これを機会に練習ができてよかったです。

 

卵は常温にしておいた方が殻剥きやすい

ゆで卵はよく沸騰したお湯に静かに入れる

黄身が真ん中に来るように、ときどきくるくる回す

 

以上、また機会があったらつくりましょうー♪